シミの治療方法にはどのようなものがあるのでしょうか

  • シミの治療方法にはどのようなものがあるのでしょうか

    • シミが出来てしまった場合は、まず美白化粧品を試してみるという人は結構多いのではないでしょうか。

      もちろん、日焼けによる物などであれば、美白化粧品で効果が出ることもあります。



      しかし、美白を一生懸命やっていてもなかなか効果が出ない、そのような場合は、皮膚科のクリニックをまず受診するのがお勧めです。



      シミの治療は、塗り薬や内服薬だけでなく、レーザーによる治療も行われています。



      これは、患部にレーザーを当ててシミを除去するもので、まず麻酔を行い、その後レーザーを当てます。


      レーザー照射後はシミの部分が赤黒いかさぶた状態になり、この上から絆創膏を貼ります。1週間ほど経過すると、かさぶたがはがれて、下からピンク色の皮膚が見えてきます。

      一時的な色素沈着が見られる場合もありますが、その後半年ほどで、段々周囲の皮膚の色と同じになり、目立たなくなって行きます。



      治療期間中は紫外線対策に気を配り、病院から処方された薬は、きちんと用法を守って使うようにしてください。


      また、顔に左右対称のぼんやりしたくすみが現れた場合は要注意です。



      これは肝斑と呼ばれるシミで、特に30代から50代の女性に出やすいものです。



      ストレスなどが原因になっていることが多く、美白化粧品を使っても効果がありませんので、クリニックに行くようにしてください。



      治療には主にトラネキサム酸が用いられますが、最近ではいくつかのクリニックで、レーザーによる治療も試みられるようになっています。



  • 関連リンク

    • シミは顔にできやすく、見た目の印象が悪くなるので女性にとっては悩みにもなっています。これはいろいろ種類がありますが、年齢とともに増える傾向はあります。...

    • 最近では、以前とくらべるとシワを目立たなくする治療を行う人が増えています。だれでも、ヒアルロン酸という言葉を1度ぐらいは聞いたことがあるかと思います。...